612723b30bd405952aae3c12c0ac76da
1: トラネコ◆EDwr815iMY 2014/07/29(火)15:40:41 ID:YvuJ9t78Y
シャンプーがあなたをハゲさせる? ボディソープでアトピーに?
2014.07.29

 いよいよ梅雨もあけ、本格的に夏が到来した。汗をかきやすいこの季節、多くの人が汗のにおいを気にするが、ある人たちのあいだでは、もうひとつ悩みがある。それは、汗によって髪がべったり張り付き、薄毛がバレてしまうのでは?……ということだ。

 薄毛は中年男性の悩みだと思われがちだが、若い男子にも思い詰めている人は数多い。さらに女性にとっても、薄毛によって髪にボリュームが出ないことは悩みのタネ。老若男女共通の問題なのだ。でも、どうして薄毛になってしまうのか──その原因のひとつを「みなさんが毎日行っているシャンプーを使った洗髪にあると考えられます」というのは、『体を壊す13の医薬品・生活用品・化粧品』(渡辺雄二/幻冬舎新書)だ。

 多くのシャンプーの洗浄成分は、合成界面活性剤のアルキルエーテル硫酸エステルナトリウム(AES)、AESのなかでもポリオキシエチレンラウリルエーテル硫酸ナトリウム、略称「ラウレス硫酸Na」というものだ。この「ラウレス硫酸Na」は皮膚に対する刺激性があるそうで、本書によれば「ラウレス硫酸Naの0.25%溶液をヒト29人の皮膚に、48時間貼付した実験では、6人がかすかに赤くなり、1人には強い刺激反応がありました」という。この刺激性が「頭皮を赤くしたり、かゆみなどをもたらす可能性がある」らしい。そして、髪を守っているキューティクルも傷つけられているというのだ。

 ある実験では、市販のシャンプーで毎日髪を洗っている22歳の女性は「20層あるキューティクルが溶けてしまい、変形」。同じように45歳の男性も「キューティクルが溶けて落ちかけていました」と著者は述べている。

 なかには「キューティクルが溶けても、髪にツヤがなくなるだけでは?」と思う人もいるかもしれないが、キューティクルが完全に破壊されてしまうと、深部にある毛髄質という糸状の細胞がむき出しになってしまう。つまり、髪が脆くなり、毛が抜けるサイクルが早くなってしまうのだ。

 ラウレス硫酸Naは浸透力も強く、毛が抜け落ちた毛根部(の毛乳頭、毛母細胞)にもダメージを与え、毛が作られにくくなってしまう。このため、結果的に薄毛になってしまうのではないかというわけだ。

 この「ラウレス硫酸Na」は、実は台所用洗剤に含まれている成分。つまり、私たちは、台所用洗剤で髪の毛を洗っているのと変わらないのだ。
(以下、略)

詳細のソース
http://lite-ra.com/i/2014/07/post-292-entry.html
op2ニュース速報+板より。
引用元スレタイ⇒【医学】シャンプーがあなたをハゲさせる? ボディソープでアトピーに?[2014/07/29]
元スレURL⇒http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1406616041/


2: 名無しさん@おーぷん 2014/07/29(火)15:43:16 ID:2dRoenugw
このスレはもうハゲです

3: 名無しさん@おーぷん 2014/07/29(火)15:46:41 ID:4KcLEx6pl
no title

4: 名無しさん@おーぷん 2014/07/29(火)15:50:02 ID:4busfRImz
ハゲや薄毛はシャンプー使うなってこと?

5: 名無しさん@おーぷん 2014/07/29(火)16:00:09 ID:CWtfMRktL
ラウレス硫酸Naじゃなくてラウリル硫酸Naだろ
ラウレス硫酸Naの方が分子量が大きい分、浸透性が低いから刺激は少ないはず

9: 名無しさん@おーぷん 2014/07/29(火)16:24:59 ID:EtFdlS31N
>>5
ラウレスでも、アミノ酸系やベタイン系と比べたら皮脂の剥ぎ取りが激しい

13: 名無しさん@おーぷん 2014/07/29(火)18:13:04 ID:CWtfMRktL
>>9
どっちも所詮は高級アルコール系だからね

6: 名無しさん@おーぷん 2014/07/29(火)16:02:33 ID:oZdi0E2Nw
化学調味料バッシングと並ぶアカとバカの定番ネタだよな

洗剤を48時間も肌に塗ってれば、皮膚が丈夫でも痒みぐらいでるわww
シャンプーにも洗剤にもよくすすぐように書いてるし
欧米は成分薄いから、ほとんど濯がずに拭き取るのも有名な話だろw

8: 名無しさん@おーぷん 2014/07/29(火)16:13:39 ID:CWtfMRktL
>>6
ほんとこれ

7: 名無しさん@おーぷん 2014/07/29(火)16:06:25 ID:YvuJ9t78Y
洗髪するのは、2・3日ごとで十分。
毎日洗髪すると、毛髪の種まで取れてしまう。

10: 名無しさん@おーぷん 2014/07/29(火)16:50:26 ID:MZa8stH5P
ハゲは都市伝説。
目に見えない掴めない毛が生えているだけだ。

11: 名無しさん@おーぷん 2014/07/29(火)16:53:11 ID:PGBWuA1t4
なんだ禿げスレか

12: 名無しさん@おーぷん 2014/07/29(火)18:05:04 ID:HwqgfdhCN
ハゲ「ノンシリコンに変えたので来年にはフサフサです!(キリッ」

14: 名無しさん@おーぷん 2014/07/29(火)18:17:16 ID:oApJRkj8S
シャンプーとリンスが一つになってるのは昔から
禿げる危険性を指摘されてたな

15: 名無しさん@おーぷん 2014/07/29(火)18:22:03 ID:xFdT0uJGM
もしこれが本当なら、脱毛剤につかえるんだがな…

17: 名無しさん@おーぷん 2014/07/29(火)19:09:45 ID:USw2VrztN
アミノ酸100%のシャンプーは高い。

18: 名無しさん@おーぷん 2014/07/29(火)20:11:43 ID:sP4Po8GsA
俺はシャボン玉せっけんが好きさ

19: 名無しさん@おーぷん 2014/07/29(火)20:23:30 ID:p96MqEEkS
スキンヘッドにして石鹸で洗えば解決じゃないの?

20: 名無しさん@おーぷん 2014/07/29(火)20:28:18 ID:rxRYtl7iz
髪の毛も体も、普通の石けんで洗えば問題なし

21: 名無しさん@おーぷん 2014/07/29(火)20:29:14 ID:ixSH1AHDB
馬のシャンプーにかえよっかな

22: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)08:52:19 ID:uZe3uDoqY
ほとんどのシャンプー剤には保湿剤や
手触りを良くする成分が入れてあるから
今までシャンプー使ってた人が石鹸に替えた場合、きしみ感が出ると思う
それが気にならない人なら石鹸でもOK
この筆者は一番槍玉に挙がるはずのラウリル硫酸Na(安いシャンプーには大概入ってる)を無視して
ラウレス硫酸Naを挙げてる段階でかなり胡散臭い
水の件についても、ほぼほとんどの化粧品類に水(水分)が入ってるのが当たり前
水を含まない原料は、粉末や固形物でしかなく、当然混ざらないし
水が無いと伸びない塗れないで製品にならない
稀に油分のみで成分を溶かし込んでいる製品もあるけど、高価な物になる
クリーム状に見える歯磨き粉のような物でさえ、成分の最初に水が来るのが当たり前

23: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)11:15:23 ID:n01KqqflD
湯シャン
タモリ式
五木寛之

さあどれか選べ

24: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)11:39:16 ID:leWPgvbnS
みんな詳しいな

25: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)13:22:46 ID:koZaONGRv
ハゲてない奴全員がそんな糞細かいケアしてると思うか?
お前らのハゲは避けようのない運命だ
諦めろ

26: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)13:26:18 ID:IfIQHUI3Z
石鹸で洗ってる…
ボウズたから。


…は、ハゲじゃないよ?!
ちょっと大きめなソリコミが入ってるだけだから!

27: 名無しさん@おーぷん 2014/07/30(水)13:43:54 ID:U9GJxhlb6
もう2年くらい歯磨き粉使ってないわ

シャンプーは髪がべた付いてきたら使う
いつもは水

でも毛根が死滅する一番の原因は肉食
少なくともそういう体質の人はいる

禿げは髪が死んでるんだよ、原因が無いわけない
遺伝とかはいいわけ

29: 名無しさん@おーぷん 2014/07/31(木)07:13:41 ID:uITgc1R9X
昔ストレスで五百円ハゲがボコボコ出来て遂には丸ハゲになったお客さんいたけど、回復したらフサフサ(ただし直毛だったのがくせ毛へ)に戻った…ちなみに食生活はカップラーメンと菓子パンが主食
逆に二十代で寂しいことになってた人は、お野菜好きで健康オタク、シャンプーは馬油?とやら
多分ハゲって容赦なく遺伝じゃないかと思ってる





ブログランキング・にほんブログ村へ
良かったら応援クリックお願いします♪

カテゴリ一覧
zen hen seizi zatudan sport
geinou asia doubutu button-5137 imouto

さなぎちゃんねるは皆様のコメントを募集しております!

>> PR <<